ごあいさつ

人々の健康とより良い暮らしに貢献します。

立山製薬工場株式会社は、2014年2月富山県の霊峰立山に抱かれ、常願寺川の清流に育まれた立山町にマルホ株式会社の医療用皮膚疾患治療薬(塗り薬)の生産工場として操業を開始しました。
そして、安心して使用していただける高い品質の医薬品を安定的に供給することと、患者さんのQOL(Quality of Life)の向上に寄り添う気持ちを持って日々生産活動を行っています。

医薬品は、有効性・安全性・安定性の3つの要素から成り立っており、これらを生産する工場は、常に優れた技術と高度でかつ多様な人財の集合体であると考えています。

また、私たちは生命関連企業として高い倫理性を持って、社会的責務を全うすることで、患者さんの期待に応え続けていきたいと思っています。そして、地域社会の皆様からも愛される企業を目指してまいります。

代表取締役社長 山田潤

会社概要

会社名 立山製薬工場株式会社
代表者 代表取締役社長 山田潤
所在地 〒930-0275
富山県中新川郡立山町利田197番地1
アクセスはこちら
URL https://www.tateyama-pharma.co.jp/
設立 2014年2月
資本金 1,000万円
事業内容 医療用医薬品等の製造
従業員数 95名(2021年9月末現在)
関連会社 マルホ株式会社

沿革

2014年2月
マルホ株式会社の子会社として「立山製薬工場株式会社」を設立
7月
医薬品製造業許可の承認を取得
2015年8月
管理棟竣工

組織図

ページの先頭へ戻る